So-net無料ブログ作成

「事務職の腰痛持ち90%超」時代に大事なストレッチ習慣 [腰痛にまつわる]



スポンサーリンク







スポンサーリンク


201704211.jpg

女性に多い悩みと言えば、冷え性、肩こり、腰痛など。腰痛というと、

立ちっぱなしの職業や重いものを持ったり運んだりするような

仕事の人がなりやすいイメージがある。

しかし、骨盤を科学するブランド『ラボネッツ』が実施した

『腰痛調査2017』によれば、何と事務職やデスクワークの人の

腰痛疾患率も92.4%だとか! これは営業外回り、建築現場作業、

接客業よりも多い疾患率で、その原因は長時間にわたって座りっぱなしに

なっていることが挙げられる。デスクワークの仕事は、ほかの職業よりも

座っている時間が長く、1日に10~14時間座っている割合が28.9%もあるという。

腰痛の原因と深く関係があるのが、骨盤の傾き加減。前傾気味か、

逆に後傾気味になっていると、腰痛を繰り返しやすいといわれている。

欧米では、長時間座っていると腰に悪いことを知っている人が多いが、

日本の場合、そのことを意識して、なおかつ仕事中に休憩を取ったり

ストレッチをしている人は、あまりいないのではないだろうか。

・座りっぱなしになりがち人はこまめにストレッチを

同じ姿勢でいると腰回りの筋肉が固まり、血流も悪くなり、

腰痛の原因に。定期的に腰回りのストレッチをすることが大切だ。

椅子に座ったままできるストレッチには、次のようなものがある。

両腕を頭の後ろに組み、そのまま前後に体を倒す。

次に左右に体を傾け、脇腹を伸ばす。最後に、

体をねじって後ろを向く。左右、両方行おう。

仕事の席ではやりにくい場合は、トイレに立ったときなど、

ちょっとした休憩中に行えばOKだ。立って行った方が、より効果的になる。

また、座っただけで腰回りの筋肉を自動的に動かしてくれる座椅子が

商品化されている。正しい姿勢で座れる座椅子などを利用するのもいいだろう。

腰痛は放っておくと、ぎっくり腰やヘルニアの原因にもなりやすい。

そうなる前に、早めの対策がポイントだ。


【まいじつ より引用】
https://myjitsu.jp/archives/20728


スポンサーリンク







スポンサーリンク



nice!(65)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 65

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。