So-net無料ブログ作成
検索選択

「胸を張ってシャキシャキ歩く」は身体に害あり? 腰・ひざに負担をかけない歩き方 [姿勢にまつわる]



スポンサーリンク







スポンサーリンク


201704041.jpg

「あの人は歩き方が美しい」。

そう聞いて、あなたはどんな歩き方をイメージするだろうか。

背筋をピンと伸ばし、胸を張って、大股でシャキシャキと

歩く姿を想像する人がほとんどかもしれない。

たしかに、そのような歩き方をすれば、見た目は美しい。だが、

『腰・ひざ 痛みとり「体芯力」体操』(青春出版社刊)の著者、

鈴木亮司さんによると、こうした歩き方は、

身体への負担を考えると実は好ましくないのだという。

そこで今回は、歩き方と健康との関係性を中心に、

鈴木さんにお話をうかがった。

■身体への負担具合では、どんな歩き方が理想的?

――インタビュー前編では、大腰筋と腰痛・ひざ痛とのつながりに

ついてお話いただきましたが、後編では大腰筋について、

さらに詳しくうかがわせてください。本書で「日本人は西洋人に

比べて大腰筋が細い」と書かれていましたが、大腰筋の「太い・細い」

が、腰痛・ひざ痛の発症率にも影響を与えるものなのでしょうか。

鈴木:与えますね。黒人は日本人や白人よりも腰痛の発症率が低い

と言われています。裏を返せば、日本人は身体のつくりからして、

腰痛・ひざ痛になりやすい。

でも悲観することはありません。日本人は古くから、

無意識のうちに大腰筋を鍛えるトレーニングをしていたんですよ。

――それは、具体的にどのようなものなのでしょう?

鈴木:たとえば、「すり足」などはまさにその典型例です。これは、

普通の歩き方よりも大腰筋を使うことになるため、

体芯力の向上に役立ちます。

すり足は、ほとんど足を上げずに腰から前へ出る歩き方です。

草履や下駄を履いて生活することが当たり前だった時代には、

多くの日本人が自然に行なっていた歩き方ということになります。

――本書では、この「すり足」にヒントを得た体芯力体操も紹介されています。

これは、予防的な使い方だけでなく、すでに腰痛・ひざ痛を抱えている人も

行なって問題ないものでしょうか。

鈴木:まったく問題ありません。というのも、そもそも腰痛・ひざ痛を

持っている人の歩き方というのは、

放っておいてもすり足気味になるものなんです。

それは、足を上げずに歩くのが一番痛くないから。つまり、すり足は、

腰やひざにとって最も負担の少ない歩き方ともいえるのです。

――この体操を行なう際の「ペース」については、

どのようなイメージを持っておけばよいでしょう?

鈴木:急いだり、大股にする必要はありません。むしろ、ゆっくり、

そっと歩くのが望ましいですね。

一般的に、胸を張って大股で歩くのがいいと考えられていますが、

実はこうした歩き方は腰やひざにかなりの負荷がかかるので、

健康な方にもおすすめできません。

「大股でしゃきしゃき歩くのは良いこと」

という思い込みは捨てたほうがいいでしょう。

――最後になりますが、読者の皆様へメッセージをお願いします。

鈴木:この本でお伝えしたいのは「我慢すること、

辛い運動に耐えることが全てではない」ということです。というのも、

多くの人が「頑張らないと成果は出ない」、

「努力というものの先に健康がある」といったような

思い込みにとらわれているように感じるためです。

でも体芯力体操を実践し、身体の変化を感じることができれば、

そうではないことが分かっていただけるはずです。

体芯を思い通りに使えるようになることで自分の身体に

可能性を感じることができる。そのことによって、

人生に希望を持っていただきたいですね。


【T-SITE より引用】
http://top.tsite.jp/news/book01/o/35110518/



nice!(44)  コメント(0) 
共通テーマ:健康