So-net無料ブログ作成
検索選択

大ブームの「甘酒」は朝飲むのがベスト! [医食同源]



スポンサーリンク







スポンサーリンク


201704093.jpg

健康によい食品として、甘酒がブームだ。

かつてはお正月やひな祭りの飲み物のイメージが強かったが、

今や通年商品。スーパーなどの売り場にはさまざまな新商品が並ぶ。

手づくり甘酒に必要な米麹は、品薄の店舗もあるほどだ。


麹を使う甘酒が、なぜ体にいいのか。

東京農業大応用生物科学部醸造科学科の柏木豊教授に尋ねた。

「米麹は蒸したお米に麹菌を繁殖させた発酵食です。

お米の中のデンプンが、麹菌によって生み出される酵素(アミラーゼ)

の力で分解されてブドウ糖になる。

ブドウ糖を体に取り込めば即、エネルギー源になるというわけです」

飲む点滴といわれるのはこのためで、疲労回復夏バテなどの解消にもよい。

「デンプンの分解でブドウ糖とならずに残った部分がオリゴ糖です。

これが水分を抱き込む働きを持つため、肌を保湿したり、

米の細胞壁の食物繊維が腸内を奇麗にしたり。便秘解消にもつながります」

好きなドリンクや料理へと応用してもいい。

是友さんは自著『酵素いきいき生甘酒』(主婦の友社)で、

手づくり甘酒(生甘酒)を使ったレシピを紹介している。

たとえば、生甘酒を加えてコクを出すポテトサラダや、

豆腐にかけるタレ(甘酒にすりおろし生姜+しょうゆ、

甘酒に練りごま+酢じょうゆ)の工夫など。

「生甘酒を飲むだけで酵素やビタミンを手軽に摂取できますが、

牛乳や野菜、果物をミックスすれば栄養価もアップする。

(生甘酒は)ビタミンB群が多いけれど、ビタミンCが含まれない。

それを補うようにすれば、“最強食品”になります」

市販や手づくりの甘酒を、ドレッシングや、肉・魚料理の

下味などに使うのもおすすめだという。

本をもとに記者が試した料理は、ジンジャー豆腐。新発見の味だった。

ただ、記事作成のため、甘酒をこの数週間たらふく飲んでいたら、

歯が痛くなってきた。

そのことを是友さんに伝えると、

「体によいといっても、糖分ですよ」と注意された。

「がぶ飲みしたら太るし、虫歯もできる。

飲んだり食べたりのベストなタイミングは、シャキッと目が覚める朝。

血糖値が上がるので、空腹時に何かと一緒にとるのがいいですね」

生甘酒の場合、料理に使う分も含めて1日200ccほどにとどめるとよいようだ。

糖尿病など持病がある場合は、あらかじめ医師に相談しておくと安心。

伝統的な元気のもとを上手に食生活に取り入れたい。

201704094.jpg


【@niftyニュースより引用】
https://news.nifty.com/article/magazine/12107-20170409-2017040600022/1



タグ:甘酒
nice!(47)  コメント(0)