So-net無料ブログ作成
検索選択
お客様にまつわる ブログトップ

はり・きゅう 及び あんま・マッサージのかかり方 [お客様にまつわる]



スポンサーリンク







スポンサーリンク


当院でも、保険適用で針治療やお灸などを受けられるお客様がいらっしゃいます。

この浦添市のように、所定の要件を満たせば、保険適用になります。

ご参考になさってください。

201608091.jpg


はり・きゅう及びあんま・マッサージの施術について、

一定の要件を満たす場合、療養費を支給しています。


対象となるのはどんなとき?

下記の1、2 の両方の要件を満たす場合にのみ、国民健康保険の給付の対象となります。

1.対象となる傷病であること

はり・きゅう

神経痛・・・坐骨神経痛など

リウマチ・・・急性、慢性で各関節が腫れて痛むもの

五十肩・・・肩の関節が痛く、腕が上がらないもの

頸腕症候群・・・首から肩、腕にかけてシビレたり痛むもの

腰痛症・・・慢性の腰痛、ギックリ腰など

頚椎捻挫後遺症・・・首の外傷、むちうち症など

上記と類似している慢性的な疼痛

あんま・マッサージ

 筋麻痺や関節拘縮等(例えば骨折や手術後の障害、脳血管疾患後遺症など)であって、

医療上のマッサージを必要とする症例。           

 ※疲労回復や慰安目的などのマッサージは対象ではありません。

2.医師が施術について同意していること

医師による適当な治療手段がなく(医療機関において治療を行い、

その結果、治療の効果が現れなかった場合等)、

はり・きゅう及びあんま・マッサージの施術を受けることを認める医師の同意がある場合です。

※初回申請時には、医師の同意書を添付してください。

また、医師の同意は2~3か月ごとに必要で、同意を得ていない場合、療養費の支給はできません。

201608092.jpg


施術を受ける場合の注意事項

(1)医療機関との併用での施術は認められません!

はり・きゅうの施術について国民健康保険による給付を受けることができるのは、

医師による適当な治療手段がない場合のみです。

したがって、はり・きゅうの施術を受けながら、

並行して医療機関で同じ傷病の診療を受けた場合は、

はり・きゅうの施術は、保険扱いとはなりません。

※医師から薬やシップを処方された場合も、治療行為となり、

はり・きゅうの施術は保険扱いとはなりませんのでご注意ください。

(2)療養費支給申請書の内容を確認したうえで、必ず記入・押印してください

療養費支給申請に必要な書類(療養費支給申請書)は、施術所から発行されます。

(施術所が世帯主から受領委任されて申請手続きをする場合もあります。)

療養費支給申請書には、傷病名・日数・金額などが記載されていますので、

よく確認したうえで、ご自身で記入・押印願います。

(3)領収証は必ずもらいましょう

領収証は医療費控除を受ける際に必要となりますので、大切に保管してください。



【浦添市HP より引用】
http://www.city.urasoe.lg.jp/docs/2016070800066/



nice!(49)  コメント(0) 

お客様あるある話 [お客様にまつわる]



スポンサーリンク







スポンサーリンク


治療院でもあるある話が、記事になっていたので、

取り上げてみました。

201604301.jpg

今日は疲れたからマッサージにでも行ってコリをほぐしてもらおう。

今やマッサージ店はたくさんあり、

クイックマッサージのようなお値段もお手頃なお店もあることから、

気軽に受けられるようになりましたね。

それはもちろんいいことなのですが、施術側からすると、

ちょっと迷惑だな……と感じるお客さんの特徴があるのです。

マッサージ店でのちょっと困ったお客さんの特徴を4つお伝えします。


タートルネックの服を着ている

マッサージする場所にもよりますが、

やはり施術をするときには患部の触感がわかる方がいいです。

施術用の服に着替えてもらう場所ならいいのですが、

着てきた服のまま施術をするお店の場合は、

タートルネックの服やフード付きの服などは邪魔になる場合があります。

肩や首周りを触るときに邪魔になりますし、

電気刺激などのパッドを貼るときにも貼りにくいことがあります。

スーツだと仕方がないこともあるのですが、

ブラウスは難しい場合があります。

服を着替える余裕があるのなら、

患部に直接触りやすい服装を心がけてもらうと嬉しいですね。

※当院では、着替えを用意してますので、大丈夫ですよ


・予約時間ぎりぎりに汗だくでくる

電話予約などをしている人の場合は、予約時間の5分くらい前には来てほしいです。

ベッドが空くのは時間ちょうどだと思うかもしれませんが、

特に暑い時期などは汗がひくまでに時間がかかることもあるでしょう。

マッサージをされるときもそうでしょうが、

汗が吹き出している状態では手がすべってしまうこともあります。

お店にはおしぼりのようなものは置いていないところが多いので、

汗は自身で持ってきたタオルなどで拭いておいて欲しいというのが施術する側の本音でもあります。

※当院ではタオルをご用意してますので、お気になさらずお越しください。


・終わってから着替えるまでの時間が長い

マッサージをされた後は身体がポカポカとしますし、

全身の血流がよくなって頭がぼーっとしたり、

少しめまいのような感じになったりすることもあります。

もちろん、そのような状態の時には無理をしなくても大丈夫なのですが、

意味もなく終わってからベッドに寝転がったままで動いてくれないという人がいます。

次の予約が入っている場合もあるので、

基本的には、体調に問題がなければ常識的な範囲で着替えてほしいところです。


・弾丸トークをやめてくれない

マッサージをしているときには、色々な会話をすることもありますよね。

もちろん楽しい会話をしながらリラックスしてくれるのは問題ないのですが、

問題なのは会話が途切れず、次の姿勢に移ってほしいときに、その会話をし辛い方です。

また会話をするときに、首を浮かせてしまったり、

身振り手振りを加えて話されたりすると余分なところの筋肉に力が入ってしまうため、

マッサージがしにくくなってしまいます。

会話が盛り上がるのはいいのですが、

口以外の部分はなるべく動かさないでもらえると施術者は助かります。


※当院でも、おしゃべり好きな方が来院されますが、

施術者も負けないぐらいマシンガントークの人がいますので、

お気軽にご来院ください。


【Woman excite くらし より引用】
http://woman.excite.co.jp/article/lifestyle/rid_Wooris_199132/



nice!(34)  コメント(0) 
お客様にまつわる ブログトップ